重要 特別定額給付金は14日から申請書類郵送開始

 須賀川市は新型コロナウイルス感染対策で、国民一人に対して10万円を支給する「特別定額給付金」の郵送申請手続きを15日から受け付ける。4月27日現在で住民基本台帳に記録されている市内の約2万9700世帯約7万6000人が対象となる。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため全国に非常事態宣言が発令されたことで、国民の経済活動も自粛傾向にあるため、国から全国民を対象に特別給付金を支給する。
 給付金は同居者全員分の金額を世帯主の銀行口座に振り込んで支給し、郵送での申請書はシンプルな内容で記入事項も最小限に抑えられている。
 須賀川市の申請書はA4判の大きさで、世帯主の生年月日、現住所、給付対象者分の氏名や生年月日、合計金額などはすでに印字されている。
 申請書は14日から順次各世帯に郵送し、世帯主(申請・受給者)は氏名、日中に連絡可能な電話番号、受取口座の金融機関名(支店名、口座番号、口座名義など)を正確に記入して市宛てに返送する。
 申請書の裏面には申請者本人の確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)と振込先金融機関口座確認書類(通帳やキャッシュカードなど)のコピーを貼り付ける。
 確認書類は申請者のみで、受給者全員分は必要無い。給付金受け取り口座は手続き上、1口座のみに限り、代理申請(世帯の構成員、法定代理人など)も出来るが、その場合も受け取り口座は一つにまとめて支給となる。
 手続きを簡素化するため、金融機関の口座が無い、金融機関から著しく離れた場所に住んでいるなどの特例以外は、現金での受け渡しは受け付けていない。
 申請期限は8月14日まで。給付金は申請受け付けから概ね1~2週間程度(今月を除き基本月3回ペース)で各口座に振り込まれる。
 受け付け開始の15日から18日頃までの申請分は今月22日、18日から22日頃まで申請分は28日、それ以降は6月上旬から順次振り込みを行う。振り込み時期はあくまでも目安であり、手続きが混み合うなどにより若干遅れる場合もある。
 マイナンバーカードでのオンライン申請は15日から順次支給開始予定で、8月14日まで受け付けている。
 配偶者からの暴力(DV)被害で住んでいる・住民票の市区町村が異なる場合は、出来る限り早く現在居住している市区町村に申し出る。現住所に申請書類が郵送され給付金を受け取ることができる。ホームレスやネットカフェで生活している場合も市区町村に問い合わせる。
 4月27日現在の住民基本台帳に記録されていれば外国人も給付対象となる。
 問い合わせは市特別定額給付金担当(℡75―1111)まで。