時差出勤などで接触機会5割まで削減

 須賀川市は新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、国から地方公共団体に対して出勤者の削減に最大限取り組むよう要請があったことから、30日と5月1日の2日間、時差出勤と在宅勤務などを併用して、職員同士や市民との接触機会を5割程度まで減らし、行政サービスは継続できる体制維持を目指す。
 緊急事態宣言の期間中(5月6日まで)の本庁舎に勤務する職員約530人を対象としたもの。同宣言が延長された場合は再検討する。
 各課の勤務については午前7時半と午後2時半の勤務時間帯を分離した2班体制とし、開庁時間は午前8時半から午後5時15分の通常通りとなる。
 なお、市役所の開庁時間は通常通りだが、市民の来庁は必要最小限にとどめるなど感染拡大防止への理解と協力を求めている。