鏡石町は支援給付金を受け付け始まる

 鏡石町商工会(面川正彦会長)は新型コロナウイルス感染防止に伴う飲食業などの事業継続緊急支援給付金交付を受け付けている
 1店舗当たり10万円の支援金を5月1日から順次支給する。
 要件は今年2月から4月までの売り上げのうち前年同月比で30%以上(じん大な減収は50%以上)減収した月がある、もしくは見込まれ、申請後3カ月以上事業継続をする人、法人の場合は資本金2000万円以下に限る。
 対象は①商工会飲食店業部会員②商工会員で飲食店業部会以外の部会員だが飲食業を営む③商工会員で卸・小売業、医療福祉業、生活関連サービス業、宿泊業を営む④商工会未加入で①~③と同様の経済活動をしている⑤商工会員でじん大な減収がある―のいずれかに該当する人。
 申し込みは申請書に記入し、5月31日(当日消印有効)までに郵送する。
 町ホームページから支援給付金についての詳細や申請書の様式をダウンロードすることができる。
 問い合わせは同会(℡62―2340)まで。