「IT化」をサポートします

 阿武隈時報社は「住民に希望を抱かせよう」という想いで、昭和21年に創業いたしました。
 それから70年余、時には激動の時代における正確な情報源としての役割を担い、時には地域の温かい触れ合いを伝える紙面をお届けするなど、地域の皆様に支えていただきながら頑張ってくることができました。
 しかし、現在、国内で広く新型コロナウイルス感染が猛威をふるい、私たちの生活でも様々な活動が制限されつつあります。
 これまでにできていた当たり前のこと(あいさつ、通学、通勤、日常の会話等?)が、日々失われていくのをひしひしと感じているところです。
 現在、弊社はいろいろな情報を精査し、皆様にお伝えする役割を頂いておりますが、そのノウハウをもとにお困りの企業様・個人事業所様の「IT化」に関するご相談・サポートができるような新しい事業体制を整えております。
 「なぜITか?」と思われるかもしれませんが、人との接触が敬遠されている現在、いろいろな社会活動を間接的に行う必要性を感じているからであり、その中で弊社ができる一つが「IT化のサポート」と感じているからです。
 具体的には、
・ホームページの作成
・通信販売サイトの作成
・リモートワーク(テレワーク)
・web会議
・SNSサポート
・PCサポート
といったことを考えており、このような形で地域の皆様のサポートができればと思っております。
 また新型コロナに関する情報発信も紙面にて適時行っていくつもりです。
 皆様がどのようなお悩みを持ち、弊社としてそれをどう解決できるか、模索しているところではあります。
 そのため至らぬところも多々あるかとは思いますが、まずは行動を起こすことが重要かと思い、今回ご報告させていただきました。
 諸準備が整い次第に「あぶくま時報の情報サービス」を始めます。
 皆様からのご相談、お待ちしております。