高卒者就職戦線は100%決定

 須賀川公共職業安定所は管内の今春新規学校卒業者の3月末現在職業紹介状況を23日までにまとめた。高校卒業者の就職内定率は100%(前年同月比1・2ポイント増)に達し、全求職者の就職先が決まった。
 同所管内の高校卒業者1384人(男771人、女613人)のうち、就職希望者は475人(男294人、女181人)。
 そのうち県内就職者は80・8%(前年比0・3%減)、384人に留まった。内訳は男子247人、女子137人。東日本大震災以降は県内企業への就職希望が高まっていたが、年々県外比率が高まりつつある。
 求人数は前年比39人減の718人で、求人倍率は1・51倍(同0・03ポイント減)。
 福島労働局管内の求職者数は2月末まで、前年同月比63人減の4564人。内訳は県内が3361人、県外が1203人、県内比率は73・6%、求人倍率は2・12倍で、内定率は98・7%だった。