新型コロナで失業・休業者に無利子貸し付け

 県社会福祉協議会は新型コロナウイルスの影響で休業や失業している人を対象に一時的な無利子資金の緊急貸付を実施している。受け付けは各市町村の社会福祉協議会で行っており、須賀川市社協の窓口では16日までに約20件を受け付けた。
 対象者は新型コロナウイルスの影響を受け、休業や失業で生活に困窮している世帯。
 休業者は上限10万円以内(小学校等の休業等の特例20万円以内)で貸し付け、措置期間は1年以内で償還期限は2年以内、保証人は不要。
 失業者は、2人以上世帯は月20万円以内、単身世帯は月15万円以内、貸付期間は原則3カ月以内、措置期間は1年以内で償還期限は10年以内、保証人は不要。
 借り入れ申し込みには身分証、世帯全員分の住民票、印鑑、申込者の預金通帳またはキャッシュカードを持参し、また新型コロナウイルスで減収、または失業したことが確認できる書類が必要となる。
 問い合わせは須賀川市社協(℡88―8211)、鏡石町社協(℡62―6428)、天栄村社協(℡82―2826)まで。