県総合体育大会は中止

 県は15日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今年度の第73回県総合体育大会(県総体)の中止を発表した。冬季3競技を除き、小中学生のスポーツ少年団大会18競技、県内7地域で行う県民スポーツ8競技も行わない。
 県総体は陸上や軟式野球、ソフトテニス、水泳など38競技は国体や東北総体の選考会を兼ねており、代表選手選考は各競技団体に委ねられる。
 県総体に向け、各地区の支部では予選大会の準備を進めていた。管内の関係者らは「とても残念だが、競技より命が優先であり、やむを得ない。今後も大きな大会に向けて準備は進めるが、どうなるかわからない」と複雑な表情をみせる。また、スポーツ少年団関係者は「最高学年の6年生を考えるとかわいそうだ。何らかの形でフォローしていきたい」と話す。