今もかがやき

No.49

こくぶん ひろし國分 洋さん(76)

須賀川市南上町


50年間ソフトボールに携わる

これからは夫婦旅行も

 高校教員として昭和42年から須賀川桐陽 (旧須賀川女子高) や白河旭 (旧白河女子高) などで教べんをとった。 女子ソフトボール部の監督を務め生徒らと試合の喜びや悔しさを分かち合った。
  「思いやりや感謝など、 人生を豊かにする心の成長の手助けになれば、 という思いでした」。 当時の教え子とは今もOB会や年賀状で交流を続けているという。 「彼女たちの成長がなによりうれしいです」 と話す。
 昭和62年から県ソフトボール協会の事務局長として 「ふくしま国体」 に関わり、 平成10年から市協会の副会長、 18年から会長としてソフトボール界をけん引した。 今年3月の役員改選で会長は退いたが、 「これからも何らかの形で応援していきたい」 と穏やかに語る。
 50年間ソフトボール漬けの日々だったが、 今後は夫婦水入らずの旅行や庭の手入れなどを楽しみたいとも。 「庭の月下美人が咲くと近所の人に声をかけ、 花見を楽しんでいます。 これからもそういう時間を過ごせたらと思います」 と語る。