須賀川医師会「7つのお願い」

 須賀川医師会(國分啓二会長)は市内の新型コロナウイルス感染発生を受け、市民に対し予防行動などを促す「7つのお願い」を呼びかけている。
 内容は次の通り(原文のまま)。
①発熱や咳などかぜ様の症状がある時は、軽症であれば仕事を休み外出を控えて静養して下さい。
②症状が強い時はかかりつけ医へ電話で相談し、診察が可能であれば受診時間の予約をとってから診察を受けて下さい。
③受診の際は、自宅で体温を測りマスクを着用の上、手指の消毒をしてから受付をして下さい。
④新型コロナウイルス感染症が疑われる時は、まず帰国者・接触者相談センター(保健所)へ電話で相談をして下さい。
⑤症状がさらに悪化した時は、かかりつけ医か保健所へ電話で相談をして下さい。
⑥心臓病や糖尿病などで通院中の患者さんは、持病が悪化しないように定期検査を受けて指示通りに薬を内服して下さい。
⑦新型コロナウイルス感染症を発症した患者さんやそのご家族や職場の方々、そして診療や治療に当たっている医療機関や医療従事者などに対する誹謗中傷や差別はしないで下さい。