市内の私立保育園など対応分かれる

 須賀川市内の新型コロナウイルス感染者発生を受けて、市内私立保育園・幼稚園・こども園は休園や時間短縮など対応が分かれている。
 阿武隈時報社は8日から9日にかけて各園に電話取材を行った。
 須賀川幼稚園は入園式と始業式は7日に行ったが8日から新型コロナ対応のため休園中。
 オリーブの木と白鳩保育園は9日以降も預かり保育を行っているが、自宅で子どもがみられる人、小学生以上の子どもが自宅にいる場合などは自宅保育を促している。
 岡ノ内幼稚園とくるみの木は保育時間の短縮や行事の中止などで対応し、すぎのここども園は11日の入園式は中止し預かり保育は通常通り。

(配信情報 4月9日正午現在)