お諏訪の杜「エドヒガン」満開

満開になったエドヒガンザクラ

 須賀川の総鎮守神炊館神社の「お諏訪の杜エドヒガンザクラ」が満開の見頃を迎えた。樹齢300年を超えるとも言われる巨木には可憐なピンクの花々が咲き誇り、来場者の目を楽しませている。
 須賀川が誇る後世に遺すべき宝として保全活動に取り組む、保存会(深谷幸弘会長)と諏訪町町内会恒例の花見会は新型コロナウイルス感染の影響で中止した。
 今年のエドヒガンは平年に比べて開花が早く、花の色づきもあでやかだが、花見客はまばらで人気の夜間ライトアップも見合わせる。
 お諏訪の杜エドヒガンザクラは、全国的に見ても市街地に固有種が群生する珍しい環境で、保存会はサクラ周辺の下草刈りや遊歩道のウッドチップ敷きつめなどに努めてきた。
 お諏訪の杜で採集したサクラの種は、震災後に日本さくらの会を通して北海道に届けられ、「復興のサクラ」として、道内各地で被災地を応援しようと大切に育てられている。