15日まで春の全国交通安全運動

久しぶりに登校する児童らを見守る交通安全指導員

 県などが主唱する春の全国交通安全運動は6日から一斉スタートした。同日には各小中学校で新学期が始まり、市内の通学路では約1カ月ぶりに登校する子どもたちを保護者や交通団体関係者らの見守り活動が行われ、道路の横断を安全に誘導している。
 全国交通安全運動は「スマホより横断歩道の僕を見て」をスローガンに、15日まで10日間にわたり全県一円で展開される。
 交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけ、市民自身の道路交通環境改善に向けた取り組みを推進し、交通事故防止の徹底を図ることが目的。
 重点事項に①子どもをはじめとする歩行者の安全確保②高齢運転者等の安全運転の励行③自転車の安全利用の促進―の3つを掲げる。
 ①歩行者の安全確保は、歩行者には信号機の厳守や無理な横断の禁止、夕暮れや夜間の夜光反射材用品など活用、運転者には横断歩道の歩行者優先意識の徹底、思いやり運転などを呼びかける。
 ②安全運転の励行は、家庭では高齢者の運転免許証自主返納の話し合いを推奨し、運転者は全席シートベルトの着用、無理な車線変更や追い越し運転の禁止、夕暮時の早めのライト点灯や原則上向きライトとこまめな切り替えの実践を訴える。
 ③自転車の安全利用では、「県自転車安全利用五則」①自転車は車道が原則、歩道は例外②車道は左側を通行③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行④安全ルール・マナーを守る⑤被害軽減のためヘルメット着用に努める―の5項目の厳守を促す。
 県交通対策協議会などは「ふくしま”交通事故防止3つの守り”2020」への協力を呼びかける。
 3つの守りのうち「ルールを守る」は、横断歩行者保護の徹底や歩行者に対する横断方法など交通ルールの遵守啓発など。
 「マナーを守る」は、思いやりの気持ちを持ったゆずりあい運転の実践。
 「命を守る」は関係機関・団体と連携した子どもと高齢者被害の事故防止のための総合的な対策の推進で、それらの心がけにより交通事故を防ぐ。
 須賀川地区交通関係団体は10日午前10時から、リオンドール須賀川東店前東部環状線で街頭キャンペーンを行い、交通標語の手作り手持ち看板、ハンドプレートを掲げ運転者に交通安全への協力を呼びかける。
 同日の「交通事故ゼロを目指す日」にあわせて行うもので、地区推進協議会交通安全活動推進委員、地区交通安全協会、交通安全母の会、市交通対策協議会、須賀川署員等が参加し、シートベルトの着用や運転中の携帯電話の不使用を訴える。
 なお街頭啓発キャンペーンは4日に予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今回は実施しない。