新型コロナ感染女性は10代後半

 須賀川市は3日、市内1例目の新型コロナウイルス感染患者発症を受けて、第6回対策本部会議を開き、庁内全域で情報共有し市民に感染拡大の防止を呼びかけることを確認した。2日夜の会見で発表された10代感染女性は、「小中高校生でない10代後半の女性」だと公表した。
 2日の第5回対策本部会議では、感染拡大防止を目的とした公共施設利用休止の継続などを確認し、tetteの開館時間短縮と休館日を設けることを決定した。
 利用再開後の来館者数が特に夜間少ないことを受け、コロナ感染拡大防止のため密閉・密集・密接の「三密」を避けるため、6日から開館時間を午前9時から午後6時までとし、毎週火曜日を休館とする。
 各施設に関する最新情報は、市ホームページで随時掲載される。
 なお、市は市内発生症例の感染経路など県発表を受け、次回対策本部会議の実施も検討している。