1日から須賀川市行政機構改革

 須賀川市は4月1日から、平成22年以来10年ぶりの行政機構改革を行う。財政規模を震災後の復旧・復興ベースから震災前の規模に縮小するとともに、課や係事業の効率化と活性化、名称変更により体制づくりなどを図っていく。一部フロア内で課の配置が変更される。
 企画財政部を企画政策部と財務部に、生涯学習スポーツ・文化・観光交流を一つにする文化交流部、健康・長寿を一つにする市民福祉部などを創設する。
 企画財政部を企画政策と財政の2部門に分けて、関係課とともに新たな「企画政策部」と「財政部」を組織する。企画政策部はシティプロモーションや移住・定住対策など新たな政策課題への迅速で柔軟な対応も担い、財務部は税関係課を一つにすることで財務機能の強化を目指す。
 生活課の業務は市民安全課と企画政策課に分かれる。災害時に備えた危機管理業務や消防業務、交通安全対策、防犯・防犯灯、消費者行政などはこれまで通り市民安全課が、町内会や嘱託員などに関する業務は企画政策課に業務を移管する。
 観光交流課は産業部から文化交流部へと移るが、業務は観光振興や福島空港利活用、市のイメージアップ事業、都市間交流、教育関係を除く国際交流など業務内容はおおむね変わらない。
 また、農・商・工業と環境関係業務に携わる、農政課、商工政課、環境課を経済環境部として一つにし、農業・企業政策や振興策、環境保全などを横断的に対応していく。
 観光交流課、環境課、企画政策課などがフロア内で場所が移動する。原子力災害対策室は環境課環境回復係に業務を移行し廃止となる。
 1階窓口(各種申請など)と水道お客さまセンターは午前8時半から午後5時15分まで開き、パスポート窓口は午前8時45分から申請が午後4時、受け取りが4時半まで。土・日・祝日と年末年始期間中は開かない。
 夜間休日窓口は平日が午後5時15分から翌日午前8時半、土・日・祝日、年末年始期間中は24時間対応する。
 なお、現在は新型コロナウイルス感染防止のためウルトラ会議室やウルトラフロア、各階打ち合わせスペース、みんなのスクエア(午後5時半~翌日午前8時)の利用は制限されている。