牡丹クルー48回の活動終了し退任

橋本市長に1年の活動を報告した吉田さんと小野寺さん(左から)

 今年度牡丹キャンペーンクルーの小野寺里佳子さんと吉田紅亜さんは27日、市役所で橋本克也市長と安藤基寛副市長に退任を報告し、2人は「須賀川の魅力を再確認できた1年でした」と笑顔で活動を振り返った。
 渡邉達雄市観光物産振興協会長とともに市役所を訪れた2人は、須賀川牡丹園有料開園期間中の来園者お出迎えや松明あかしなど市内イベント参加、首都圏や友好都市訪問など1年間で48回活動した。
 橋本市長から感想を求められた小野寺さんは「須賀川の良いところをより知ることができた1年でした。豊中市で農産物がすごい人気があり、とてもうれしかったです」、吉田さんは「美味しい食べ物やイベントなど1年を通して知ることができ、座間の大凧まつりで凧揚げに参加できたのも貴重な体験でした」と報告した。
 橋本市長は「2人とも活動を通してもっと須賀川を好きになってくれてとてもうれしいです。1年を通して素晴らしい活躍ありがとうございました」と感謝を伝えた。
 小野寺さんと吉田さんは同日をもってクルーとしての活動を終了し、新年度は応援隊として新クルーの活動をサポートする。
 今年度クルーの平山百華さんは都合により当日欠席した。