春の空港まつりが延期

 福島空港祭実行委員会(渡邉達雄委員長)の「2020春の空港まつり」は新型コロナウイルスの影響により延期が決定され、終息後にイベントが開催できるよう検討するとした。
 今年の空港まつりは5月3日に予定していたが、新型コロナウイルスの終息時期が不明であり、感染拡大防止の観点から、同日の開催を断念することを書面で承認を得た。
 毎回あわせて実施している「空港公園まつり」「YOSAKOIin空港公園」も同じく延期となった。
 空港まつりは須賀川商工会議所や大東・長沼・岩瀬などの商工会、須賀川市、JA夢みなみ、空港ビル、ANAグループなどの団体で構成される実行委員会の主催。
 平成6年3月20日に開港1周年を記念して開かれた「エアポート・フェスティバル」が元となり、以降毎年春のイベントとして定着している。
 春に空港まつりが行われなかったのは東日本大震災が発生した平成23年以来のこととなる。