翠ケ丘公園ソメイヨシノが開花

23日に開花した陸橋そばのソメイヨシノ

 須賀川・岩瀬地方の中、早咲きとして知られる翠ケ丘公園陸橋近くのソメイヨシノが23日開花した。平年は釈迦堂川河川敷など市内各所のサクラも1週間から10日後に咲き始めるため、4月上旬の開花が期待される。
 今年もひと足早く咲き始めたのは、翠ケ丘公園の南舘芝生広場(お花見広場)と松明あかし会場の五老山とをつなぐ陸橋近くのソメイヨシノ。
 市は景観づくりのため陸橋をライトアップしており、その影響で開花が早いのではとの話もある。
 今月中旬からポカポカ陽気が続いたことから、市内各所のソメイヨシノやシダレザクラもピンクに色づき始めており、新型コロナウイルスの影響で沈みがちの当地方にも、まもなく華やかな春がやってきそうだ。
 なお須賀川観光物産振興協会は4月3日から翠ケ丘公園と須賀川アリーナ近くの釈迦堂川河川敷で、今年も「須賀川さくらまつり」を開き、夜ザクラライトアップや出店などを予定している。