スポ少活動自粛も今月末まで

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、須賀川市内全小中学校の部活動・特設クラブ活動休止が決まったことを受け、市スポーツ少年団本部は休校期間としていた活動自粛を今月末まで継続する方針を決めた。
 文科省が17日に「新型コロナウイルス感染症対策に係る春季休業中の留意点について」を示し、部活動自粛継続などが要請された。市教委は18日に部活動などの休止を決め、保護者等に通知した。
 これらの決定を受け、市スポーツ少年団本部は各団の活動が部活動と同様であり、主な練習場所である小中学校グラウンドも使用できないなどの理由で自粛継続を決め、19日に各団体の代表に通知を送付した。
 団関係者からは困惑の声が聞かれている一方、「仕方がない」と受け止め、自主練習などを促す動きも出ている。