春のリースを華やかに手作り

華やかなリースを手作りする会員たち

 須賀川法人会女性部会(飛木博子部会長)は17日、会員ら16人が参加して「春のリース作り」体験教室をホテル虎屋で開き、ドライフラワーをふんだんにあしらった華やかな作品を手作りした。
 会員の萩原恵望子さんを講師に迎え、新型コロナウイルスの影響で沈みがちな毎日が続いているが、活動を通して少しでも元気をと企画した。
 春をイメージしたリースは直径20㌢程度の大きさで、綿と厚紙で作った芯に白や水色などカラフルな毛糸をまきつけて形を整え、バラやアジサイなどのドライフラワーで飾り付けた。
 温かな春にぴったりのかわいらしい仕上がりに、会員らも笑顔で作品を見せ合いながら、厳しい状況だが協力して乗り切っていこうと気持ちを高めていた。