広域消防で県内初の資格者章貸与

金バッジを貸与される消防職員

 須賀川地方広域消防本部(水野弘美消防長)は本部全体の予防業務スキルを底上げするため、予防技術資格者に資格者章を貸与する県内で初の制度を開始した。貸与式が17日に同本部で行われ、水野消防長が12人にバッジを手渡した。
 予防技術資格者には防火査察、消防用設備等、危険物の3区分があり、認定区分ごとの予防技術検定(国家試験)に合格し、予防業務に通算して4年以上従事経験を有し、予防に関する専門的かつ高度な知識、技術を有すると認められる職員が認定区分に応じて認定される。
 資格章は各事業所への立入検査や消防検査時等に身に着けるもので、職員に自覚や責任を持たせ、さらなる火災予防の推進、強化を図り、若手職員が資格認定を志すことで消防本部全体のスキルアップを目指す。
 金バッジと銀バッジがあり、金バッジは3区分全ての認定を受けた職員、銀バッジは1、2区分いずれかの認定を受けた職員に貸与する。
 貸与式で水野消防長は「今後も予防業務に励み、違反是正推進者として地域のためにより一層活躍してほしい」と激励した。
 貸与者は次の通り。
▽金バッジ=鈴木守消防指令(石川)矢内孝幸消防指令補(予防課)澤村亨子消防指令補(長沼)圓谷量二消防指令補(予防課)▽銀バッジ=矢部錦哉消防指令(須賀川)堀江好靖消防指令(鏡石)林健文消防指令補(浅川)澁木一信消防指令補(長沼)今井義典消防指令補(石川)鈴木三和消防指令補(須賀川)鈴木洋一消防指令補(平田)岡部勝消防指令補(玉川)