聖火リレー須賀川コース走者決定

 東京2020組織委員会は12日、県内を走る聖火ランナーを発表し、須賀川市内コースは28日午後1時18分に栄町東交差点を天栄村代表の常松桜さん(19)=県立視覚支援学校=がスタートし、市内14走者の君原健二さん(79)=円谷幸吉選手の盟友でライバル、メキシコ五輪銀=が市役所でゴールすることが決まった。
 市内コースは14人が計2・6㌔を走り、第1走者の常松さんは須賀川橋で大塚明子さん(52)=東京都大田区=につなぐ、第3走者の長谷部久美子さん(45)=ウルトラFMパーソナリティ=は公立岩瀬病院で聖火を受け取り、石川町の木戸望乃実さん(12)の待つ北町交差点に運ぶ、第5走者の溝井賢一郎さん(75)=玉川村・須賀川高出身=は吉田医院前から走り、宮先町交差点の阿部泰聖さん(20)=平田村=に引き継ぐ、tetteでは阿部さんから第7走者八木沼和夫さん(50)=浅川町=に聖火が渡り、本町交差点で宗田幸夫さん(57)=古殿町=が受け、NTT東日本須賀川ビルで谷島由比子さん(38)=東京都世田谷区=に聖火は渡り、大町バス停前で第10走者の増子理江子さん(62)=須賀川市消防団女性班部長=が受ける、増子さんは大町よってけ広場(円谷幸吉メモリアルパークに改名予定)で関蒼君(15)=鏡石中=に聖火を託し、関君は第12走者中山弘嗣さん(44)=いわき市=の待つ三丁目会館前バス停まで走る、市役所入り口バス停前で聖火を受ける榊原稔さん(80)=郡山市=が君原さんに市役所駐車場西側出入り口でリレーし、君原さんが市役所でゴールを飾る。
 市関係者はそのほか、加藤将士さん(35)=陸上自衛隊郡山駐屯地=が郡山市第3走者として郡山ビューホテルアネックス前から郡山駅入り口交差点まで、佐藤翼君(12)=仁井田小=が白河市第9走者として市地域包括支援センターから白河中央中横まで、赤間昭次さん(58)=須賀川市=が18走者として白河斎苑前から会津町交差点前まで走る。