今月廃止の勤労青少年ホーム思い出写真展

勤労青少年ホーム事業の写真などを掲示

 須賀川市勤労青少年ホームが今月31日に廃止されることに伴い、東公民館で「さよなら勤労青少年ホーム」と題して写真などを展示している。
 40年間親しまれてきた同ホーム利用の団体紹介、昭和から平成までの懐かしい写真や平成初期の映像など、1階ホールで展示している。
 同ホームは集団就職などで勤労する青少年の福祉の増進を図ることを目的に昭和54年に、東公民館と併設し開設した。
 高校、大学への進学率上昇など社会情勢の変化に伴い、同ホームに関する規定が削除され、若者に対する雇用対策に取り組むための法律が整理されたことや少子高齢化など社会状況を踏まえ、今月末で廃止し、新たな社会教育法に基づき生涯学習事業を同館で展開する。