聖火リレーの市内ランナーが決まる

 東京五輪聖火リレーまであと3週間を切る中、県とスポンサー企業は各ランナーの走行市町村を通知した。
 須賀川市内を走るのは、市町村選出枠で須賀川市は君原健二さん(78)=円谷幸吉選手の盟友でライバル、メキシコ五輪銀=、鏡石町は関蒼君(15)=鏡石中3年=、天栄村は常松桜さん(19)=県立視覚支援学校=、玉川村は溝井賢一郎さん(75)=須賀川高出身=など。スポンサー枠で増子理江子さん(62)=須賀川市消防団女性班部長=、長谷部久美子さん(44)=ウルトラFMパーソナリティ=。
 円谷ランナーズのコーチでもある加藤将士さん(35)=陸上自衛隊郡山駐屯地=は郡山市を走る。
 また空手道糸東塾で全国大会出場など活躍する佐藤翼君=仁井田小6年=もスポンサー枠で白河市を走ることが決まった。
 須賀川市内コースは聖火リレー3日目の28日、栄町東交差点から午後1時18分に出発し、市役所に午後1時54分到着する予定で、36分間かけて約2・6㌔を各ランナーが200㍍ずつ走る。
 市内のそのほかのランナーは次の通り。
阿部泰聖(16)=福島高専、平田村=、木戸望乃実(12)=石川小、石川町=、宗田幸夫(56)=会社員、古殿町=、八木沼和夫(50)=会社員、浅川町=