須賀川市HPで新型コロナ8つの注意点

 須賀川市は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市ホームページで家族の感染が疑われる場合の「ご注意いただきたいこと~8つのポイント」を掲載して注意喚起している。
 厚労省が一般社団法人日本環境感染学会取りまとめを一部改変して公表した。
 感染が疑われる家族からの飛沫感染を避けるため2㍍以上の距離を保つ、マスク着用とこまめな手洗い、定期的な換気などとともに、本人は出来る限り外出を避け、同居者もこまめに熱を測り、せきや発熱がある場合は職場などに行かないよう呼びかけている。
 風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続いた、強い倦怠感や息苦しさがあるなどの症状がある場合は、厚生省相談窓口(0120―565653)、県相談専用ダイヤル(℡024―521―7871)、帰国者・接触者相談センター(℡75―7827)へ。
 須賀川市対策本部への問い合わせは、市健康づくり課内の事務局(℡88―8122)まで。
 注意点8つのポイントは次の通り。
◇部屋を分ける▽個室にする=食事や寝る時も別室に。分けられない場合は少なくとも2㍍以上の距離を保ち、仕切りやカーテンなどを設置する。寝るときは頭の位置を互い違いにする▽本人は極力部屋からでない=トイレなど共有スペース利用は最小限に
◇感染者の世話は出来るだけ限られた人で=心臓、肺、腎臓に持病がある、糖尿病、免疫低下、妊婦などが感染者の世話をしない
◇マスクをつける▽使用したマスクは他の部屋に持ち出さない▽マスクの表面には触れず、はずす時にはゴムやひもをつまんで▽マスクを外した後は必ず石けんで手を洗う(アルコール消毒でも可)=マスクが汚れた時はすぐに清潔な乾燥マスクと交換し、無い時はティッシュなどで口と鼻を覆ってせきなどをする
◇こまめな手洗い▽洗っていない手で目や鼻、口などを触らないよう、こまめに石けんで手を洗いアルコール消毒を
◇定期的なを換気=共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにして換気する
◇手で触れる共有部分の消毒▽ドアの取っ手やノブ、ベッド柵などは薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤でふいたあとで水ぶきを(物に付着したウイルスはしばらく生存するため)▽トイレや洗面所は通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒=タオル、衣類、食器などは通常の洗濯や洗浄で。感染者の使用したものを分けて洗う必要は無い▽洗浄前のものを共用しない=特にタオルはトイレ、洗面所、キッチンなどで使用しない
◇汚れたリネン、衣類の洗濯を=体液で汚れた衣服、リネンを取り扱うときは手袋とマスクを着け、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かす
◇ごみは密封して捨てる=鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、ごみに出すときは密閉して捨てる。その後はただちに石けんで手を洗う