田善賞の記念作品プレート贈る

記念プレートを受ける大槻さん

 須賀川商工会議所青年部(小窪貴志会長)の第31回田善顕彰版画展田善賞記念プレート贈呈式は2、3の両日、各校で行われた。
 小松田建一文化創造部会副会長が大槻桃子さん(大森小4年)と薄井梨咲さん(須賀川二中2年)に田善賞受賞作品を印刻した記念の金属プレートを贈った。
 版画展は須賀川出身で江戸時代を代表する銅版画家亜欧堂田善の偉業を顕彰すべく、市内小中学校から版画作品を募集している。
 今年は小中学生2655作品の応募があり、深谷滉美術協会長らが審査し田善賞や阿武隈時報社賞の菅野桜愛さん(長沼小1年)ら224点の入賞作品を決めた。

記念プレートを受ける薄井さん

 田善賞受賞者には受賞作印刻した金属プレートを記念に贈り、作品は市立博物館で保存するほか、秋に東京で開かれるCWAJ展にもゲスト出展する。