聖火リレー応援うちわなどが完成

26日後に迫った聖火リレー応援ガイドマップなど

 東京2020オリンピック聖火リレー須賀川入りまで26日。須賀川市は28日に向けて応援ガイドマップや応援うちわ、詳細スケジュールなどまとめて、回覧板などで全戸配布している。ゴールの市役所特設ステージでは須賀川桐陽高吹奏楽部演奏やステージイベント、松明通りは昨年に引き続き “サルビアの道”復活を目指す。
 56年ぶり2度目の夏季五輪聖火リレー須賀川通過は、白河方面から到着した聖火が栄町東交差点(米一番やまよし前)を午後1時18分頃に出発して松明通りを南下、tette前などを通過し、円谷幸吉メモリアルパーク(現大町よってけ広場)前を折り返して、JA夢みなみを右折して須賀川市役所に午後1時54分頃にゴールする約2・6㌔のコースを走る。
 須賀川・岩瀬・石川地方8市町村ゆかりのランナーが走る予定で、須賀川市は君原健二さん(79)=円谷幸吉選手の盟友でライバル、メキシコ五輪銀=、鏡石町は関蒼君(15)=鏡石中3年=、天栄村は常松桜さん(19)=県立視覚支援学校=が選ばれ、このほかスポンサー選考ランナーらも走る予定となっている。
 須賀川市は聖火リレー通過を盛り上げるため、須賀川市・鏡石町・天栄村・石川町・玉川村・浅川町と協力して応援用うちわを作ったほか、当日は円谷選手のゼッケンナンバー「77」などをプリントした応援小旗を沿道で来場者に配布する。
 スタート・ゴール地点には円谷幸吉・レガシーサルビアの会と須賀川高の協力で真っ赤なサルビアの鉢花を飾り聖火の機運を高める。
 tette前では須賀川一小鼓笛隊と奥州須賀川太鼓保存会、円谷幸吉メモリアルパークでは陸上自衛隊郡山駐屯地吹奏楽、JA夢みなみでは須賀川一中吹奏楽部と須賀川吹奏楽団、ゴールの市役所特設ステージでは須賀川桐陽高吹奏楽部はじめイベントを予定している。
 また20日から29日はtetteで円谷幸吉メモリアルホール移動展示会を実施し、メダルやシューズなど円谷選手ゆかりの品々を展示する。
 リレー当日28日はtette通りで各市町村の美味しいものや珍しいものなどを展示即売する「市町村連携物産店」を催す。
 なお聖火リレー通過に伴い、松明通りなどルート周辺は午前11時から午後3時頃まで車両通行止め、市役所駐車場は終日駐車禁止などの交通規制が行われるため、理解と協力を求めている。
 問い合わせは市生涯学習スポーツ課(℡88―9174)まで。