春季火災予防運動スタート

 須賀川地方広域消防組合(水野弘美消防長)は1日からの春季全国火災予防運動期間に合わせ、各署で街頭PRや一人暮らし老人世帯防火訪問、こども園での寸劇などを予定していたが、新型コロナウイルス感染を防ぐため、予定していた活動を中止し、ポンプ車での街頭広報などで火災予防思想の普及と啓発を図る。
 今年度の春季全国火災予防運動は1日から7日までで、全国統一防火標語に「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」を掲げて展開する。
 須賀川・岩瀬地方の街頭防火PRは概ね延期を決定しており、鏡石分署は3月3日午前10時からイオンスーパーセンター鏡石店で活動を予定している。
 一方で1日に鏡石町内で下草火災が発生するなど、注意が必要な状況となっており、感染対策に取り組んだ上で、自治体と連携し広報紙やホームページへの記事掲載、横断幕・立て看板及び桃太郎旗の掲示など広報活動の強化で、災害の未然防止に取り組む。