新型コロナ・小中学校3月2日は通常授業

 須賀川市教委は国の臨時休校要請を受け、市内小中学校は3月2日通常通り授業を行うと決定した。28日に臨時校長会を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて方針を確認した。
 臨時校長会までに示された県の方針に沿ったものだが、正式な通知が無いため3日以降の授業実施は未定。
 卒業式は日程通り行う予定で、各校の現状に即した形で規模縮小などの措置を取り感染拡大防止へ万全の態勢を取る。
 県は3月4日に県立高校入試が行われることを踏まえ、小中学校の授業を3日までとする方針を示している。
 鏡石町・天栄村教委も県の方針に足並みをそろえて4日からの小中学校臨時休校となる見込み。
 国の臨時休校要請を受けて2人の小学生男児を持つ30代女性は「感染拡大防止は分かるが仕事は休めない。夫と相談するしかない。休み期間中の授業の遅れなどが心配」と困惑の声を上げていた。