小中学校卒業式の規模縮小など通達

 須賀川市教委は27日、新型コロナウイルスに関する県教委からの通知を受けて、市内小中学校長に卒業式・入学式の規模縮小などの対応を周知した。
 県立学校卒業式の対応例を踏まえ、式典時間の短縮や出席する保護者・在校生・来賓の制限を検討する。
 学校の規模によっても対応が分かれるため、最終決定は各小中学校によって異なる。
 また卒業生はじめ参加者のせきエチケット(マスク着用など)徹底、手洗いの推奨、アルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある人の欠席なども行い、各校で可能な範囲の感染症対策に万全を期すよう対応を求めている。