東公民館まつりなど中止

 新型コロナウイルス感染拡大は全国各地に広がっているが、 須賀川・岩瀬地方をはじめ県内から26日現在で感染者発生の公式発表は出されていない。
 しかし全国的なスポーツ・文化イベントの2週間自粛を求めた首相発表や厚労省からの対応方針などを受けて、 3月中旬にかけて各種イベントの中止が続々と決まっている。
 これまでのところ中止が発表されたのは、 28日から3月1日の東公民館まつり、 1日バレーボール協会長杯、 6日から9日の須賀川市老人クラブ連合会のシルバー作品展、 8日の第33回ラバーバレーボール大会in須賀川とオリーブの木ピアノ弾き語りコンサート、 市シルバー人材センター安全適正就業推進大会、 19日の市在宅医療・介護連携拠点センター講演会 「在宅医療で自分らしく生きる」 など。
 27日午前9時現在で29日のtette若手音楽家応援事業 「Leap day concert」 と市立博物館 「雛のまちなか宝探し」 は通常通り実施する予定となっている。
 また市内飲食業にも影響が出始めている。 3月にかけて歓送迎会や各種会合などが多くなる時期だが、 市内宴会・宿泊施設によると国の方針決定を受け、 この2日間で100人規模の宿泊・宴会の中止が相次いでいる。 割烹料理店でも高齢者10人程度が出席する法事の見合わせなど影響も出始めた。
 医療機関や高齢者介護施設などでも入院患者や入所者との面会制限が行われるなど、 多方面への影響が広がりつつあり、 地域全体の経済活動への深刻な影響も懸念される。