新型コロナで対策本部設置

適切な情報発信等、協力を呼びかける橋本市長

 須賀川市の新型コロナウイルス感染症対策本部は21日、橋本克也市長を本部長に立ち上げ、住民や関係団体への啓発等で発生または感染拡大の防止など、庁内や関係機関の連携で、総合的及び横断的に推進する。
 会議は市政経営会議室で開かれ、副本部長に安藤基寛副市長、森合義衛教育長、構成員に全部長を配置し、新型コロナウイルス感染症に係る状況や感染症対策の確認をした。
 橋本市長は「イベント中止や経済活動などに影響も出始め、県内でもいつ感染者が出ても不思議でない状況となり、本部設置に至った。情報は現在県が一元的に発信することとしており、正確な情報を住民に知らせていきたい」とあいさつした。
 対策本部では①感染予防及びまん延防止②情報収集及び提供③庁内及び関係機関との連携体制④その他新型コロナウイルス感染症対策―4事項を審議し、関係部局間の連絡調整を図る。
 市はこれまで同感染症の説明と注意を呼びかけるチラシを全戸に配布したほか、市ホームページやウルトラFMを通し広報してきた。また医療機関や福祉施設、学校給食施設などにマスク約6万枚、備蓄アルコール18リットルを配付するなど対応してきた。