今もかがやき

No.47

あんどう まさひろ安藤正博さん(71)

八百正 社長 須賀川市東町


ガイドからボランティアまで

これからも幅広い活動を

 仕事一筋で熱心に務めてきたが、 60歳を機に 「仕事以外にも楽しみを見つけたい」 と一念発起し、 様々な団体やボラティア活動に精を出すようになった。
 今では、 ふるさとガイドの会、 知る古会、 チャチャチャ21、 史談会、 赤十字奉仕団須賀川支部、 須賀川後藤新平の会などなど幅広く活動。 震災を機に須賀川を知り、 もっと役に立ちたいと励んだ結果、 気がつけば多くの会に携わっていたそうだ。
  「大それたことは出来ないけど、 自分が出来る範囲でやれることをやっているだけ」 と謙遜するが、 取材先で出会う頻度の高さは、 トップクラスで間違いない。
 1年を通して牡丹園や市内観光地のボランティアガイド、 南部地区まちづくりなど様々な活動でたくさんの魅力に出会ったとのことだが、 一番の驚きは点在する裏街道の存在。 東北電力前の旧木戸裏から馬町方面に抜けたりと、 思いもよらぬ発見にわくわくしたとのこと。
  「これからも自分でできる範囲でいろいろな活動をお手伝いしたいですね」。