天栄村議議選事前審査に10陣営

 任期満了に伴い3月17日告示、22日投開票で行われる天栄村議会議員選挙の事前審査は18日に村役場で開かれ、定数10に対して4日の立候補予定者説明会に出席した新人1人を除く現職9人、元職1人が審査を受けた。
 新人1人は阿武隈時報社の取材に対し「出馬するかどうかは検討中」と態度を保留しており、説明会後も表立った動きをみせていない。
 勇退を表明した現職の後藤修氏(75)=4期、副議長=は支援者から出馬を推す声も聞かれるが、18日の取材に対して、後藤氏は「現時点で(勇退の)態度を改めていない」と回答している。
 このまま新たな候補者が現れなければ8年ぶりの無投票選挙となるが、村民からは「議員は選挙で選ぶべき」という声も強く、今後の動向が注目される。
 なお説明会後、18日現在で選挙管理委員会事務局まで立候補に必要となる書類を受け取りに来た陣営はない。