3月14日、聖火リレーコース歩こう

 聖火リレーが来月に迫り、市内でもオリンピックへの機運が高まる中、須賀川市民歩こう会は3月14日午前9時45分から「すかがわ・聖火リレーコース・ウオーク」を行い、聖火リレーのさらなる盛り上げを図る。
 同会は昭和39年の東京オリンピックにおける円谷幸吉選手の活躍を受け、功績を市民の誇りとして後世に残そうと40年5月に発足した。
 同イベントの開催により、「聖火リレーは走れなくとも、歩くことはできる」の想いで聖火リレーを応援する。
 事前申し込みは不要で参加費は無料。
 受け付けは当日午前8時40分から午前9時20分まで大黒池防災公園で行う。
 コースは約6㌔で、大黒池防災公園をスタート・ゴールに、国道4号線を歩き、聖火リレー市内コースのスタート地点である県道須賀川二本松線栄町交差点(米一番やまよし前)から通称松明通りを南下しtette前を通過、大町よってけ広場内の円谷幸吉記念碑前で折り返し、市役所にゴールする約2・6㌔の聖火リレーコースを踏破する。その後、大黒池防災公園まで戻り解散する。
 同会は多くの市民に参加を呼びかけている。