須賀川のPRへマグロ解体ショー

堀江さんがマグロ解体する様子を動画撮影

 須賀川市向陽町のマグロ解体師・堀江麻紀さんは13日、4月に設立する出張マグロ解体ショー会社「OCEAN MAKI」PRのため、グランシア須賀川で配信用動画撮影会を行った。2月中の配信スタートに向けて編集など準備を進めている。
 堀江さんは郡山市の市場に15年勤めマグロ解体技術を身に付けた。OCEAN MAKIは全国初の女性だけの解体ショーを企画・披露する会社で、関東進出も含めた全国展開を図る。
 PR動画撮影会には約50㌔の熊本産本マグロを用意し、さらし・法被姿の堀江さんと4人の女性スタッフが威勢の良いかけ声とともに神輿に見立てたマグロを担いで入場した。
 堀江さんは出刃包丁で見事なマグロ解体を披露し、刺身にすると230人前になる。
 動画撮影は鏡石町CM撮影などにも関わっている、ALOHA STUDIOの太田渉さんらが担当し、さばいたマグロは鏡石町の菊寿司などでお客さんに振る舞われた。
 堀江さんは「解体ショーを各地で行い、須賀川の元気をPRしていきたい」と話している。
 なお堀江さんは本紙1月24日付の「ハンサム・ウーマン」で紹介、ホームページで公開している。