ふっこう割でお得に泊まろう

 県の周遊観光支援事業「ふっこう割」を活用し、天栄村内の二岐・岩瀬湯本・天栄温泉旅館は3月8日まで5000円割引で宿泊できる。
 「ふっこう割」は台風15号と19号の被害から旅行需要を早期に回復及び喚起するため、観光庁から交付されている観光支援事業費補助金を活用したもの。
 村内の旅館で同制度を利用するには、会津若松市のNPO法人素材広場から「冬のフリープラン」申し込む必要がある。
 同プランには宿泊先の1泊2食が付くほか、村内道の駅などで使える1000円利用チケット、鶴ヶ城入城券などが付くが、行動はすべて自由となる。
 料金は平日1室2人利用時1人あたり1万10円(消費税、入湯税別)、休前日は2000円増しとなる。
 問い合わせは素材広場(℡85―6571)まで。
 対象の宿泊先は次の通り。
柏屋旅館、大丸あすなろ荘、桂祗荘、旅館ふじや、ひのき風呂の宿分家、湯口屋旅館、天栄湯