宗形部長ら9人が定年退職

 

 須賀川市の宗形充行政管理部長ら9人(部長5人、課長2人、ほか2人)が3月末で定年退職する。
 部課長で定年を迎えるのは宗形行政管理部長、水野良一健康福祉部長、永野正一建設部長、佐藤俊明上下水道部長、笠井一郎参事兼生活課長、相楽勝栄税務課長、安藤家光経営課長の7人。
 4月1日付の人事異動は例年3月中旬頃に内示される。新年度採用予定者は26人で、7日に予定者合同説明会を市役所で開いた。