今年は5月3日に春の空港まつり

出席者に協力を呼びかける渡邉会頭

 春の空港まつり実行委員会・幹事会合同会議は5日、福島空港ビル多目的会議室で開かれ、今年度事業を振り返り、新年度は5月3日午前10時から開催することを決めた。
 春の空港まつりは空港などの情報発信を図り、地域の活性化につなげることを目的に、例年5月3日に行われている。
 実行委員会は約20人が出席し、委員長の渡邉達雄商工会議所会頭が今年度事業の協力に感謝を伝え、新年度に向けて率直な意見を呼びかけた。
 昨年は改元などでゴールデンウイークが最大10連休の大型連休となり、混雑を緩和するため5月11日に開催日を変更した。
 ターミナルビル、国際線貨物施設、空港公園フロントエリア、エプロンサイド、南駐車場エリアを会場に、約8000人が来場し、フェイスペイントやワークショップ、大道芸パフォーマンス、ウルトラヒーローショーなどで盛り上がった。
 新年度の内容については今後幹事会で検討を進めていく。