院長が県内初AIタブレット効果をPR

AI導入をPRする三浦院長

 公立岩瀬病院は5日から人工知能(AI)を利用した問診システムを県内初めて導入した。三浦純一院長はAIタブレット操作を紹介し、「初心の患者さんに何度も病状を尋ねることもなくなり、双方の負担軽減につながると期待しています」とPRした。
 導入したのはUbie(東京)が開発したAI問診システムが入ったタブレットで、初日は内科診療に訪れた5人が利用した。
 システムは全国約100病院が利用しており、国内外約5万の医療論文データをAIが学習し、患者はタブレットを操作し患部や症状を入力するだけで内容が医師にダイレクトに伝わり問診の効率化・短縮化につながる。
 患者の操作は約3分、看護師や医師から症状について何度も質問を受ける・する必要がなくなり、正しい情報が医師に届き、診療の平準化が図られることも期待される。
 タブレットは高齢者でも簡単に操作できる優しいシステムで、現在は内科限定だが、AIの学習・自己進化に応じて救急外来など幅広い分野への応用も視野に入れている。
 三浦院長はタブレットの導入によって効率的かつ効果的な診療ができ、重要疾患の見落としを防ぐなど医師の判断をサポートしてくれるだろうと期待を寄せた。また研修医らがAIを使うことで的確な診療を経験でき、レベルアップにつなげていきたいとも話した。
 内科・総合診療科の初診外来を中心に導入を始めており、詳しくは現場スタッフまで。