長沼地域書初め展表彰式

長沼書初め展入賞者たち

 長沼公民館主催の第46回地域書初め展表彰式は1日、長沼農村環境改善センターで行われ、最優秀賞の三島木美鈴さん(長沼中2年)はじめ19人に賞状と記念品が贈られた。
 地域内の小中高生、と一般を対象に毎年書道作品を募集し、今年は小学生193点、中学生128点、高校生11点、一般23点の計355点の作品が寄せられ、最優秀賞3人、優秀賞12人、奨励賞4人を表彰した。
 小針則雄館長は「自分の手で美しい字を書きたいと思う子どもたちが多くとても喜ばしいです。今後も豊かな心を育んでほしいと思います」、山田和夫長沼地区明るいまちづくりの会長は「書は心の鏡です。書く人の思いや人柄が現れます。今後も書に親しみながら自分を磨いていき、さらなる活躍を期待します」とあいさつし、柏村裕介審査委員長が講評した。
 入賞19点をはじめ169点の作品は6日まで公民館で展示している。
 表彰者は次の通り。
▽最優秀賞=三木島美鈴(長沼中2年)松本茉那美(長沼小6年)菅野柚樹(同2年)▽優秀賞=菅野桜愛(長沼小1年)藤田栞璃(長沼東小1年)吉田康将(同2年)上杉杏佳(長沼小3年)吉田心絆(長沼東小3年)菅野琥聖(長沼小4年)金澤優武(長沼東小4年)丸山航生(長沼小5年)吉田康晃(長沼東小5年)小林珠月(同6年)善方朝日(長沼中1年)小林七望(同3年)▽奨励賞=野尻実希(長沼高校3年)佐久間丈太郎(同3年)小川亜麻衣(同3年)松本茉莉亜(日大東北高1年)