こぷろ須賀川の創業実践セミナー開講

創業への思いや苦労を聞いたセミナー

 まちづくり会社「こぷろ須賀川」(安田喜好社長)の小さなまちで創業する人のための実践セミナーが24日tetteで開講し、第1回「まちなかの先輩トーク」で吉田有希さん(design company)と柳沼涼子さん(Kinome Studio)が講話した。
 こぷろが市の委託を受けて、中心市街地などで出店を考えている人に向けた実践的なセミナーを全3回開講するもので、初回は市内外から約20人が出席した。
 吉田さんと柳沼さんは創業の経緯や苦労、準備など実体験を基に紹介し、参加者からの質疑も受けながらざっくばらんにセミナーを進めた。
 吉田さんは美容師をはじめ様々な仕事を経験したと話し、「事業を通して地方・地域、ひいては須賀川を元気にしたい」の思いが根底にあって今の仕事を手がけていると紹介し、参加者らも熱心に2人の話をメモに取るなどしていた。
 セミナーの参加者を募集している。第2回は2月1日午後2時からtetteで、講師にはり・きゅうRoom FIKAの根本恵美さんと安田絵美さん、Cure mama kidsの吉田あゆみさんを迎え、「女性たちの挑戦~強みや視点を活かす創業とは」。第3回は2月11日午後1時半からTOKUZO cafe(馬町)でオーナーの木村徳蔵さんが「リノベーション実例紹介&まちなか空き物件探訪」をテーマに講話する。
 参加無料。定員は各回30人で要事前申し込み。問い合わせはこぷろ須賀川(℡94―6590)まで。