初の「地元企業説明会」に高校生410人予定

2月5日の説明会に向けて意見交換

 2月5日にベル・クイーンズ須賀川で初めて開く「高校卒業予定者を対象とした地元企業説明会」に向けた第2回運営委員会が23日、商工会館で開かれた。須賀川・岩瀬・石川・郡山地方の6高校の卒業予定者約410人が参加し、38事業所がブース出店を予定している。
 須賀川市・商工会議所・企業・高校が連携を図り、就職を希望する学生により多くの活力あふれる地元企業を知ってもらい、生徒と企業のマッチングを進めることが目的。
 須賀川、清陵情報、長沼、岩瀬農業、郡山北工、石川の6高校から2年生410人が参加し、38事業所から説明を受ける。
 運営委員会で飛木孝久商工会議所専務理事は「当初の予定よりも多くの高校生に参加してもらえることになり感謝しています。初めての事業ですので、ぜひ成功できるようご協力をお願いします」とあいさつした。
 当日のスケジュールや会場レイアウト、参加企業などについて意見交換した。
 参加企業は次の通り。
赤井田造園土木、アルファ電子、石川製作所グループ(石川製作所、タマテック、エナテック)、岩通マニュファクチャリング、A&Kホンシュウ、大内新興化学工業須賀川工場、加賀マイクロソリューション福島事業所、笠原工業、神田産業、吉城光科学、三瓶重機建設、シンセイ、須賀川瓦斯、須賀川信用金庫、青南商事郡山支店、ひらた中央病院、TBK福島工場、東京精工、東建土質測量設計、東北旭紙業、トーモク、トキワ印刷、特別養護老人ホームエルピス、ニプロファーマ鏡石工場、日本工営パワー&デジタルビジネスユニット、根津鋼材東北事業部須賀川工場、ネッツトヨタ郡山、長谷川環境熱学、林精器製造、二見屋工業、ブリティッシュ・ヒルズ、福陽ガス、ミウラ、みどみ学園ライセンスアカデミー郡山校、武蔵野精機、八重洲無線、八幡屋、和田装備