市赤十字奉仕団防災セミナー

奉仕団の信条を唱和する参加者たち

 須賀川市赤十字奉仕団(林美枝子委員長)の防災セミナーは23日、市役所で開かれ、新年の活動に向けて災害対策の知識を深めた。
 林委員長、日本赤十字社県支部須賀川地区副地区長の水野良一市健康福祉部長、日本赤十字社県支部の久保芳宏事業推進課長があいさつし、出席者約70人で奉仕団の信条を唱和した。
 久保課長が「災害に備えるために」と題して、地震や大雨、土砂災害から生命を守る手立てなどを講話した。
 特に昨年の台風19号にも触れ、大規模災害における地域での自助、共助の充実が防災力を高め、減災につながるとした。
 また自助は自分自身と家族のための備えを実行すること、共助は日頃から近所や地域の人と交流し協力し合える関係を築くことが大切と訴えた。
 セミナー終了後、新年会として弁当を食べながら出席者同士で親ぼくを深めていた。