ヤフー本社で天栄米などPR

ヤフー本社で天栄米をPRした生産者たち

 天栄村と天栄米栽培研究会(斑目義雄会長)は22日まで、東京都千代田区のヤフー本社紀尾井町オフィスの社内レストランで天栄米のPRイベントを開き、1・25㌧の天栄米を提供したほか、特産品の販売はほぼ完売するなど大にぎわいの盛況をみせた。
 10回目の食味世界一に輝いた「天栄米ゆうだい21」をはじめ村産品の魅力をアピールするため、「東北エールマーケット」と「ヤフーショッピング」で天栄米を取り扱う同社で開いた4度目のPRイベント。
 16日から1週間、食堂で提供する白米全てに天栄米を使用したほか、21、22の両日は新名物の天栄マカカレー、天栄ヤーコンや天栄赤ネギの小鉢を提供し、人気を集めた。
 また21日は斑目会長や生産者、道の駅羽鳥湖高原の星明広駅長、村職員らが同社を訪れ、「ゆうだい21」をはじめとする天栄米やヤーコン、まんじゅう、地酒、ヤップルジュースなど特産品を販売し、ほぼ完売した。