2月7日から市・県民税申告相談

 須賀川市は平成31年・令和元年1年間の所得状況を申告する「市・県民税申告相談」を2月7日から稲田公民館を皮切りに、3月16日まで市内公民館や市役所で順次受け付ける。申告が必要な場合は期限内の所得申告を忘れないよう呼びかけている。
 申告会場は土・日・祝日の相談は受け付けない。稲田公民館は2月7日と10日、小塩江公民館が12、13の両日、長沼保健センターが14日から18日、岩瀬市民サービスセンターが19、20の両日、仁井田公民館が21日から26日まで、大東公民館が27、28の両日。市役所は3月3日から16日まで行い、市内全域を対象に受け付ける。
 受け付け時間は公民館・市役所ともに午前9時から午前11時半、午後1時から午後4時まで。3月12、13の両日は午後7時まで延長する。
 昨年、市の相談会場で「市・県民税申告書」を提出した場合は、今月下旬に日程を知らせる通知を送付する。税務署から案内通知が発送される場合は、市からの通知は無い。
 申告相談には案内通知書(ある場合)、金融機関などの預金通帳、印鑑のほか、個人番号カードなど本人・身元確認書類や源泉徴収票など収入金額などを証明するものなどを用意する。
 社会保険料や生命保険料、医療費、障害者など各種控除を受ける場合も証明書を持参して申告が必要となる。
 主な収入が公的年金の人でも年金などの合計金額が400万円を超える、扶養すべき親族がいる、公的年金以外に他の所得があるなどの場合は申告が必要となる。所得金額によって課税・非課税が異なるため、問い合わせは市税務課(℡88―9124)、または須賀川税務署(℡75―2194)まで。
 広報「すかがわ」1月号に申告が必要か分かるフローチャートが掲載されている。
 なお須賀川税務署による申告書作成指導会場は2月17日から3月16日まで牡丹園向かいの市産業会館に開設する。期間中は税務署での申告相談は受け付けない。