今もかがやき

No.2020新年号

ほんだ みつよ本田光代さん(77)


多彩な趣味と活動で健康維持

元気をもらう孫の成長が楽しみ

 いつも笑顔を絶やさず活動の輪を広げている本田さん。
 3年前までボランティアを兼ねてJAで働いていた本田さんは、 仲間や友人から頼られる存在だったという。
 東日本大震災後に毎朝、 JA岩瀬支店の近くの横断歩道で6年間、 交通安全のための旗を振り続け、 子どもたちの不安を取り払うよう声かけを行ってきた。 自らすぐに行動する実行派であり、 人望も厚く子どもたちからも好かれる人気のおばあちゃん。
 趣味も多く、 以前は民謡と三味線などをサークルで楽しんでいたが、 現在は須賀川合同民謡会に所属し踊りや歌を披露している。
 生け花も長年たしなみ、 岩瀬地区文化祭などに出展するなど、 その腕前は評判が高い。 岩瀬公民館の睦美学級も毎年受講し、 様々なジャンルの趣味の輪を広げながら、 クラブ活動でも受講生と一緒に充実感ある余暇を過ごしている。
 子どもたち3人は独立し、 今は孫7人、 ひ孫が2人。 孫の成長を楽しみながら見守り、 元気をもらい、 人生をおう歌できるようにと健康には一番気を付けている。
 ご主人は病気を患っているが、 仲良く2人で過ごしている。
 若い時には女手がなく苦労もあったが、 「これからは趣味を楽しみ、 健康維持に心がけ、 チャレンジする気持ちを常に忘れず人生を送りたい」 と話す。
 中でも苦楽をともにし、 一緒に働いていた友人ら4人と、 明日の英気を充電させるため、 月に1度の食事会を続けているという。
 年齢を感じさせない元気なパワーと笑顔が、 出会う人たちの癒しとなっている。

今も輝き本田さん②HP用