創業希望者を応援「実践セミナー」

 まちづくり会社こぷろ須賀川は、中心市街地などで今後出店を考えている人に向けた「小さなまちで創業する人のための実践セミナー」を全3回開講する。24日と2月1日はtetteで創業者からの講話を聴き、11日はTOKUZOcafe(大町)でリノベーション事例紹介とまちなかの空き物件探訪を予定している。
 参加無料で定員は各回30人。創業・起業に興味がある人であればだれでも聴講できるが、事前申し込みが必要となる。
 こぷろ須賀川は市から委託を受け、tetteオープンを契機ににぎわいを取り戻しつつある市内中心部がさらに魅力的な場になるよう各種事業を展開している。
 今回の実践セミナーは、開業に関心はあるものの踏み出せないでいる人、いろいろな「好き」を仕事にしたいと思っている人を応援し、はじめの一歩を踏み出すきっかけづくりのため、先輩創業者からの生の声を聴き、創業支援サポーターからのアドバイスを受けられる機会を提供する。
 24日午後6時半からtetteで「まちなかの先輩トーク」を開く。吉田有希さん(design company)と柳沼涼子さん(Kinome Studio)を迎え、まちなかでの開業を選んだきっかけや創業の決意などを聴く。
 第2回は2月1日午後2時からtetteで「女性たちの挑戦」をテーマに開く。根本恵美さん・安田絵美さん(はり・きゅうRoom FIKA)と吉田あゆみさん(CuRE mama and kids)を迎え、女性ならではの強みや視点を活かした創業、サービス提供などを紹介する。
 第3回は11日午後1時半からTOKUZO cafeで「倉庫からカフェへ」をテーマに、同店を開業した木村徳蔵さんから自身で物件をリノベーションした経験や苦労などを聞き、実際にまちなかの空き物件を訪ねる予定となっている。
 全3回とも実際に須賀川で創業した経営者を講師に迎え、より実践的な体験や経験など生の声を聴き、自身の創業・開業に役立てられる将来に役立つヒントが得られる機会を提供する。
 なお各回のファシリテーターは、税理士・中小企業診断士の鈴木龍京さんが務める。
 興味がある回のみの参加もできる。セミナーPRチラシでの申し込みも受け付ける。
 問い合わせはこぷろ須賀川(℡94―6590)まで。