鏡石町成人式は160人の門出祝う

成人証書を受ける小川さん

 鏡石町の令和2年成人式は12日、町公民館で行われ、160人(男79人・女81人)が出席し、大人への一歩を踏み出した。
 真壁柚貴さんと小貫あみさんが司会進行を務め、ピアノ伴奏を石渕みつきさんが担当した。
 遠藤栄作町長は「自らを律する強い意志と社会人としての自覚と責任をもって、日々の生活を有意義に送ってください。困難には自分の可能性を信じ、友人や家族と助け合いながら乗り越えてください」と式辞を述べた。
 新成人代表の小川圭斗さんに成人証書が授与され、高原啓輔さん、花澤萌さんが「私たちは、成人証書を手にした今日のこの喜びをかみしめて、さらに一層心身の鍛錬と教養の向上に努めます」と宣誓した。
 古川文雄町議会議長、水野透県議、恩師の鈴木幹夫さんが祝辞を述べた。
 鏡石町のテーマソング「牧場の朝」を斉唱後、正木亜嘉理さんが「自己人格形成に尽力し、最善の努力をしていきたいと思います」と謝辞を述べた。
式終了後、新成人が並び、町公式キャラクター牧場のあーさーと記念撮影をした。