25日に節分厄除け射会

射会で射抜く鬼の面を掲げる会員

 節分の時期に合わせた須賀川弓道会(玉木幸雄会長)の伝統行事「節分厄除け射会」は、25日午前9時20分から市武道館弓道場で行われ、会員が鬼の面を射抜き1年間の無事を祈願する。
 市民から寄せられる家内安全や交通安全、無病息災、合格祈願などの様々な願いを鬼の面に一枚ずつ書き、弓道会員が射抜くことで諸願成就を願う。
 昨年は約350人の願いが寄せられた。
 鬼の面は1枚500円で21日まで注文を受け付けている。
 射会当日は弓道会員や準会員の高校生らが、大盤の面をはじめ次々と鬼面を射抜く。
 なお弓道会員は平日の日中、武道館弓道場でけいこをしているため、直接の申し込みも受け付けている。
 申し込み・問い合わせは最寄りの弓道会員または市武道館(℡76―3746)まで。