12日に須一中体育館で成人式 

 令和初の新成人の門出を祝う須賀川市成人式は12日午前11時から須賀川一中体育館で行われる。平成11年4月2日から翌年4月1日生まれが対象で、市内在住または出身者ら817人(男434人、女383人)が晴れの日を迎える。
 今年は市文化センターの大改修工事と台風19号被害などの影響で、当初予定していた会場を須賀川一中体育館に変更して式典を催す。
 今年度の新成人は市住民基本台帳登録者741人(男391人、女350人)と、市出身などのため出席を希望する76人(男43人、女33人)が該当する。
 新成人の会場受け付けは午前9時半から行われ、オープニングアトラクションは奥州須賀川松明太鼓保存会が太鼓演奏を披露する。
 国歌・市歌斉唱に続いて、新成人代表の須田真未さんに橋本克也市長から成人証書が授与される。
 市長式辞、来賓の五十嵐伸市議会議長の祝辞などに続いて、代表の水野直樹さんと上杉陽菜乃さんが誓いの言葉を読み上げる。
 東京五輪銅メダリストの円谷幸吉選手が昭和41年に北海道在住の新成人に向けて寄稿したオリンピックの教訓を冊子にした「円谷幸吉からの伝言」(A4判12㌻)を今年も新成人に配布する。
 同書は円谷選手が東京五輪を振り返り「やる気で信念を貫けば何事も成し遂げられる」と「多くの人間の和があってはじめて何ものかがそこに生まれる」の思いをつづっている。
 なお成人式当日は来賓も含めて会場の須賀川一中駐車場は送迎専用となり駐車できなくなる。
 式典参加者は会場近隣の臨時駐車場(ジョイフィット第2駐車場、市中央体育館、JA夢みなみ本店、大黒池防災公園)が利用できる。午前9時から午後1時限定で、近隣住民の迷惑を考え、違法駐車は絶対にしないよう理解と協力を求めている。
 須賀川一中での送迎は、旧正門から校庭に向かい、校舎東側を抜けて正門から出る一方通行となる。
 問い合わせは市生涯学習スポーツ課(℡88―9171)まで。